家賃保証会社のトラブルまとめ

このカテゴリーでは、倒産リスクや法的問題、滞納事例など家賃保証会社と貸主及び家賃保証会社と借主との間で起きうるトラブルについてまとめてみました。

貸主と家賃保証会社間で過去に起こったトラブル事例

家賃保証会社は家賃滞納などが発生した際に、入居者に代わって貸主に家賃を支払ってくれる存在なので、本来、貸主と家賃保証会社との間でトラブルが起きるケースはあまり多くはありません。

ただし、過去には比較的大手と思われていた家賃保証会社が破産したことがあり、この時は被害を被った貸主も相当数に上ったといわれています。このような事態になると、家賃を保証するはずの家賃保証会社から貸主は家賃回収することができなくなるわけです。

>>リプラス倒産から知る家賃保証会社のリスクについて詳しく見る

また、こうした問題をきっかけとして、貸主をより保護するための信託スキームという仕組みもできていて、家賃保証会社が万が一倒産したとしても、貸主に損害が及ばないプランもあります。家賃保証会社を選ぶ時はこういった点にも注意したいところです。

借主と家賃保証会社間で過去に起こったトラブル事例

家賃保証会社というサービス自体、まだ比較的歴史が浅いこともあり明確な法規制がなかったり、業態団体も含めて自主規制ルールで運用されていることもあり、中には借主とトラブルが起きるケースも見られます。その主なものを以下にピックアップしておきます。

  • 家賃滞納をしたらすぐに鍵の付け替えをされて追い出させた
  • 家賃滞納をしたら部屋の置いてあった持ち物を勝手に処分された
  • 家賃滞納をしたら早朝や深夜に取り立てを受けた
  • 保証人になっていないのに兄弟の家賃滞納で家賃保証会社が家に来た
  • 入居したい物件の審査が通らない

トラブルが起きるのはケースバイケースで、単純にどちらか一方に非があるといいにくい面がありますが、貸主としても借主と家賃保証会社間でトラブルが起きないにこしたことはありません。そのためにも以下の詳細ページをご覧ください。

家賃保証会社に関する法律について

直接的な家賃保証会社に関する法律がないとはいえ、社会規範や公序良俗に反する行為が認められないのは常識。家賃保証会社については主に取り立て行為が問題化するケースが見られるので、関連する法律などについても知っておくべきポイントを整理してみました。

>>強制退去は合法?家賃保証会社に関する法律を詳しく見る

滞納トラブルの事例

中には2ヶ月家賃滞納をしたことで、借りていた部屋を追い出されてホームレス状態となった入居者が、家賃保証会社を訴えたという事例があります。この裁判では慰謝料請求が認められたわけですが、家賃保証会社のどういった行為が問題だったかなどを知っておきましょう。

>>過去の裁判での審判は?判決や裁判の内容を詳しく見る