日本セーフティー

このページでは、売上高100億円を超す家賃保証会社、日本セーフティーの特徴や保証内容、口コミ評判などを紹介します。

売上高100億円を超える日本セーフティーの主な特徴

家賃保証会社としての日本セーフティーの注目すべき主な特徴を紹介します。

財務基盤がしっかりした家賃保証会社

日本セーフティーは2015年度に売上高100億円を突破した、家賃保証業界でもトップの規模を誇る企業。現預金比率も2016年度で94.4%と常に高い比率をキープするなど財務基盤が安定していることがわかります。

入居者の審査が早く審査承認率も業界トップクラス

入居時の対応では成約をスピーディー化できるのが日本セーフティーのメリット。独自の審査ノウハウがあって迅速に審査を行い、審査承認率の高さでも業界トップクラスの実績があります。

入居者向けの得なサービスあり

日本セーフティーでは入居者向けに割引クーポンを提供していたり、学生対象の割引制度などを採用しています。これらは入居者募集のセールスポイントにもなるでしょう。

日本セーフティーのプランや保証の範囲

日本セーフティーの家賃保証に関するプランや保証の範囲は以下をご覧ください。

保証プラン(入居者向け)

入居者・契約者が気になる保証プランの初回保証委託料と保証委託契約更新料を紹介します。

プラス1(保証人あり)

初回保証委託料 賃料の40%(20,000円~、賃料により異なる)
保証委託契約更新料 10,000円/年

パートナー(保証人なし)

初回保証委託料 賃料の70%(30,000円~、賃料により異なる)
保証委託契約更新料 10,000円/年

保証の範囲(仲介・管理会社、オーナー向け)

貸主が気になる保証範囲を紹介します。

  • 賃料(家賃、管理費、共益費、月々の固定費、明渡し不履行による使用損害金)、残置物処理費用、法的手続き費用(弁護士費用含む)、入居者死亡時の原状回復費用
  • オプション/原状回復費用

日本セーフティーに関する口コミ評判

家賃保証会社としての日本セーフティーに関するネット上の口コミ評判を一部ピックアップしてみました。

  • 「これは部屋探しの際に不動産屋に聞いた話ですが、日本セーフティーは厳しい取り立てはしないものの、滞納すると返済予定を伝えるまでは毎日連絡が入るそうです」
  • 「緊急入院した時に家賃の振込ができず催促されました。ただ、大家さんを通じて事情を伝えたところ、その後は催促がなくなりました」

日本セーフティーの基本情報

日本セーフティー

引用元:日本セーフティー公式HP(http://www.nihon-safety.co.jp/)

  • 所在地/東京都港区芝5-36-7 三田ベルジュビル8F
  • アクセス/都営地下鉄三田線三田駅徒歩2分
  • 営業時間/9:00~18:00(年末年始除く)