家賃保証会社選びのポイントと専門会社比較

おすすめ家賃保証会社&役立ち情報を集約

賃貸物件の契約で今や必須となった家賃保証会社。物件オーナーや不動産会社としてどんなサービスを選ぶべきか、主要25社の情報を集めて特徴やプランなどを比較してみました。また、家賃保証サービスに関連するメリットやトラブルも含めて、業者選びで役立つ情報も紹介しています。

そもそも家賃保証会社とは

家賃保証という表現だけだと、サブリースや空室保証も含まれますが、家賃保証会社が提供するのは、厳密にいえば家賃債務保証となります。入居者が期日までに家賃を払わなかった場合、それは一種の債務となり、それを家賃保証会社が立替支払いしてくれるという保証なのです。こうした業務は債権回収という側面が強く、独自のノウハウや資金力が欠かせません。

そもそも家賃保証会社とは

家賃保証会社を選ぶ時に
見るべきポイント

家賃保証会社の選定で重要となるのが家賃保証内容、経営状況、立替日数、信託銀行の活用といった4つのポイント。家賃保証サービスはディテールに違いがあるものの、対応がスピーディーで堅実経営の企業を選ぶのを基本とし、サービスの中でも賃貸経営に影響が大きな部分を比較することがより賢い業者選びになります。

  • POINT
    01

    家賃保証内容

    家賃滞納発生時に保証される家賃の上限設定

  • POINT
    02

    経営状況

    指標の1つとなる資本金や無借金経営、情報開示の有無

  • POINT
    03

    立替日数

    滞納報告から入金までの対応日数目安

  • POINT
    04

    信託銀行の活用

    倒産リスク回避となる信託口座の資金管理

堅実な経営で
安心できる
家賃保証会社3

保証内容や立替期日、資本金などで比較

家賃保証会社というビジネスモデルは、不動産事業よりは金融事業に近いもので、なんといっても経営基盤が安定している企業のサービスを利用したいもの。無借金経営や営業利益の高さ、融資の受けられる会社かといった点から経営状況が見えてきますが、1つの指標として資本金の多さにも注目です。

さらに、経営に余裕がある家賃保証会社の方が、保証範囲も広めで立替日数も短いことがあります。立替日数が早いと貸主としても入金が安定するので、安心です。

万が一の備えとして、信託銀行を経由するシステムなど、倒産リスク回避策を用意している会社もあり、そうした観点から特におすすめの保証会社について紹介します。

無借金経営で財政状況を開示しており、公式サイト内に家賃保証内容(保証額の上限・立替日数)を明記している保証会社を3社ピックアップ。※2021年6月時点の調査情報を元にしています。

                       

承認率98%以上※!無借金経営で安心

フォーシーズ

フォーシーズ

引用元:フォーシーズ公式HP(https://www.4cs.co.jp/)

                                       

家賃保証会社として20年以上の実績を持ち、なおかつ無借金経営を続けるという堅実さが最大のおすすめポイント。高額な賃料の保証も可能で、入居者審査の承認率98%以上と高水準※。徹底したコンプライアンス遵守や食料支援・住居支援・生活支援などの入居者支援制度も導入しています。

※2021年6月時点公式HPより

                                   
  • 家賃保証内容

    上限なし

  • 経営状況

    無借金経営
    財務・契約状況の開示あり
    資本金:3億3,200万円

  • 立替日数

    3日以内

  • 信託銀行の活用

    あり

フォーシーズの口コミ・評判

  • ポールさんもオススメの家賃保証会社4C’S(フォーシーズ )の営業と会って話聞いて来たけど、懐広すぎて鼻血出そうになった。パンフレットで承認率98%以上をうたっており、先月の実績は99.4%だそうであるw むしろ落ちる方がレア。

    引用元:ツイッター(https://twitter.com/orogongon/status/1110463924552359937)

  • 保証会社のフォーシーズ株式会社のアカウント登録が完了した!
    登録前から保証申込みはできるけど、多少日数が必要なので早めに登録した方がよさそうです。保証会社って家賃滞納者から回収しないといけないから怖い人ばかりなのかと思っていたけど、対応してくれる方がみんな親切丁寧でした!

    引用元:ツイッター(https://twitter.com/TkgGt/status/1247485855372996608)

  • フォーシーズ株式会社 「家賃保証」プロモーションキャンペーン 滞納家賃を保証するサービス!賃貸保証で安心を。

    引用元:ツイッター(https://twitter.com/psiwiY/status/265645187580174338)

                       

売上高100億円※!
NSクラブで入居者もお得

日本セーフティー

日本セーフティー

引用元:日本セーフティー公式HP(http://www.nihon-safety.co.jp/)

                                       

売上高が100億円を超え※、家賃保証業界でもトップの規模を誇る企業です。財務基盤を知る要素としては現預金比率にも注目。2016年度は94.4%となっていますが、高い比率をキープしていることから、安定した経営状況が推察されます。入居者審査は同社独自の基準とノウハウによって行われます。

※2021年6月時点公式HPより

  • 家賃保証内容

    24ヶ月

  • 経営状況

    無借金経営
    財務・契約状況の開示あり
    資本金:9,900万円

  • 立替日数

    当月末

  • 信託銀行の活用

    あり

日本セーフティーの口コミ・評判

  • 日本セーフティーさん最高!! 一年家賃払わない方を強制執行などの手続きも全部やってくれて1年間分の家賃もくれる!! これ保証会社いれてなかったら本当にゾッとする案件口を開けて冷や汗をかいた笑顔 滞納者がいわゆる法律に詳しい人だから下手したらこちらがやられるし…

    引用元:ツイッター(https://twitter.com/Like_to_eat_/status/1398202130608001025)

  • 本日テナント入居者の方と直接契約してきますが、家賃保証は日本セーフティーを利用します口を開けて目が笑っている笑顔 この保証会社はテナント家賃保証が6か月まででしたが、現在は24か月まで保証可能です。 代理店契約を結んでいる会社のうち1社で財務状態も悪くないので、今回利用させていただきます目が笑っている笑顔

    引用元:ツイッター(https://twitter.com/Vi___da/status/1264359839003602945)

  • 保証会社(日本セーフティー)さんと家賃の滞納の件で直接、日本セーフティーに出向き担当者の方と話をしました。何気に親切的な対応にびっくりしました。

    引用元:ツイッター(https://twitter.com/JIxnwIIPIrI7sDh/status/1207499613122379778)

                       

安定した業績で入居者満足度92.2%※

Casa

Casa

引用元:Casa公式HP(https://www.casa-inc.co.jp/owner/)

                                       

破産したリプラスの保証事業であるレントゴーの事業を引継ぎ、合併・統合を繰り返し、主な株主には銀行や投資ファンドが名を連ねています。2021年6月時点では主要都市10か所に拠点を持ち、独自ネットワークで入居者審査を行い、アプリを活用した賃貸管理システムや入居者向けのクラウドサービスを導入しています。

※2021年6月時点公式HPより

  • 家賃保証内容

    24ヶ月

  • 経営状況


    財務・契約状況の開示なし
    資本金:13億円

  • 立替日数

    当月末

  • 信託銀行の活用

    なし

Casaの口コミ・評判

  • 家賃保証会社のCASAと新サービスに関する打ち合わせを行ってきました。 入居者募集業務と管理業務も手掛けていくというもので特に管理業務については管理費5%などで委託しているオーナーさんはCASAに変更するとかなり安く抑えられそうです。

    引用元:ツイッター(https://twitter.com/yossyblog/status/11590338489418588168)

  • 家賃保証会社の業務がなんたるかをよくわかっている / 家賃保証会社Casaがすばらしい

    引用元:ツイッター(https://twitter.com/hoshokaisha_jp/status/1108716968507404288)

  • 以前住んでたところはCASAで家賃保証してて、ポーカープロでもOKしてくれたし、年の更新料が1万円と良心的な金額でした。 今のところに引っ越す際に、管理会社から保証会社を指定されて、CASAではダメと。家賃変わらないのにまた半月分取られ、更に年間の更新料が数倍になりました。

    引用元:ツイッター(https://twitter.com/key_poker/status/1373949105278386180)

その他の家賃保証会社一覧

  • 全保連

    実績とプランで信頼と安心を提供

    年間の申込件数は30万件以上、2017年3月末現在での累計保証件数は210万件を超えるなど豊富な実績を持っています。

  • 日本賃貸保証

    賃貸保証システムのパイオニア

    JIDトリオを提供する業界最古参。利用者、売上ともに業界トップクラスで、家賃保証業界では老舗的な存在。

  • ジェイリース

    地域活動や環境支援で社会貢献活動も実施

    東証マザーズ上場企業で、地域への取り組みにも尽力。入居者審査では自社とLICC両方のデータベースを活用します。

  • イントラスト

    家賃保証に限らず事業展開する総合保証

    グループ会社や大手信販会社と連携し様々な事業を展開。オーダーメイドの連帯保証人代行システムを提供。

  • あんしん保証

    入居者に優しいライフマスターカード決済対応

    入居審査は信用情報機関を利用して、入居者はライフマスターカードで家賃や公共料金を決済するのが特徴です。

  • ナップ

    WEB仮審査の導入でスピーディーに対応

    家賃保証サービスのすべてのプランに無断退去や孤独死に関連する対応などが含まれているのが大きなメリット。

  • プレミアライフ

    年中無休、24時間対応が可能で緊急時にも安心

    東証一部上場企業のグループ会社で、入居者対応では英語・中国語・韓国語とマルチリンガルにも強みを持ちます。

  • オリコフォレントインシュア(旧:リクルートフォレントインシュア)

    オリコ基準のコンプライアンスでリスク回避

    2017年に社名変更しました。オリコグループの企業のため、知名度・信頼感があり抜群の安心感です。

  • ALEMO(アレモ)

    高齢者や外国籍の入居者にも対応

    生活保護や年金受給者、外国籍など一般的には審査に通りにくい入居者に対応、審査は最短15分とスピーディー。

  • レキオス賃貸保証

    沖縄拠点の地域密着型で移住サポートも対応

    沖縄で長い歴史を持つ地元密着型企業。賃貸物件関連サポート事業だけでなく移住サポートなども手掛けています。

  • ほっと保証

    督促業務のプロが滞納回収する安心のサポート対応

    ライフカードと業務提携していて、家賃保証では入居時のクレジット審査や滞納への事前立替にも対応しています。

  • リーガル賃貸保証

    コンプライアンスを徹底した借主にも優しい価格設定

    物件オーナーや管理会社には専任担当者が付いてしっかりサポートしてくれます。法的対応が迅速なのも特徴。

  • アルファー

    入居者管理システムが便利

    オーナー・管理会社向けに、入居者の情報をオンラインで一元管理できる入居者管理システムを提供しており、管理が効率化できます。

  • 興和アシスト

    賃貸契約が難しい人の保証にも対応

    住宅確保要配慮者や生活保護受給者など、賃貸契約が難しいと言われる人に対しての保証も行っています。滞納が発生した際の代位弁済のスピーディーさも魅力。

  • オーロラ

    多様なプランとサービスでニーズに応える

    通常の家賃保証だけでなく借り上げ方式や一棟まるごと家賃保証などのプランがあり、さらにかけつけサポートなどのサービスもあります。

  • エルズサポート

    選べる2つの家賃立替プラン

    一般的な方式の滞納報告型と集金代行機能を備えた口座引落型の2種類のプランがあり、手間いらずの口座引落型が特に人気です。

  • グローバルトラストネットワークス

    外国人専門の家賃保証サービス

    外国人に特化した家賃保証サービスを展開。マルチリンガル対応で言語の心配もなく、トラブル対応のコールセンターも保証料金に含まれていて安心です。

  • ニッポンインシュア

    不動産コンサルティングサービスとしての家賃保証

    不動産コンサルティングサービスのひとつとして家賃保証を行っており、収益性を上げるための提案などもしてくれるのが強みです。

  • SFビルサポート

    オフィス・店舗特化の家賃保証

    東京およびその近郊のオフィスや店舗に特化した家賃保証サービスを展開。起業・開店にあたっての実績に不安がある事業主に頼もしい存在です。

  • フェアー信用保証

    沖縄にも拠点を持つ家賃保証会社

    東京だけでなく沖縄にも拠点があり、沖縄では業界内で名を知られる存在。住居・オフィス・店舗・駐車場・トランクルームなど幅広く対応しています。

  • 新日本信用保証

    滞納リスク高めの人にも対応

    独自の審査基準によって、滞納リスクが高めと考えられる人であっても審査に通りやすく、入居者アップの強い味方となってくれます。

  • エポスカード(ROOM iD)

    クレジットカードによる家賃保証

    丸井のクレジットカード「エポスカード」が提供する家賃保証サービスで、クレジットカード会社が資金管理をおこなうので安心感が高いです。

  • SBIギャランティ

    丁寧な審査、高額物件にも対応

    審査には時間をかけ、慎重に判断するのが特徴的。入居者の質を審査で見きわめる分、家賃が高額な物件の保証にも対応してくれます。

  • 日本賃貸住宅保証機構

    年齢・国籍・職業の事情にも幅広く対応

    さまざまな年齢・国籍・職業の人に柔軟に幅広く対応しており、審査も独自のシステムでスピーディーに結果を出します。

  • 日商ギャランティー

    地元に愛される企業が提供している保証サービス

    神戸市を中心に家賃保証サービスを提供している家賃保証会社となっています。最大の特徴は「スピード」です。保証対象者に家賃滞納が発生してしまった場合、3営業以内に家主の口座へ振り込まれます。さらに、契約をスムーズに進むように審査時間を短くするなどの工夫をして入居率アップに貢献しています。何よりも地域密着型サービスを心掛けており、地元に愛される努力をしている会社のため、安心してサービス利用をすることができます。

  • 近畿保証サービス

    安心と信頼の機関保証サービスがセールスポイント

    「人的保証では得られない安心と信頼の機関保証サービスを提供する」これが最大の特徴となっています。不動産会社へは、入居率をアップさせるためスピーディーな審査を心掛け成約率をアップを保証。オーナーへは100%の家賃保証を、入居者へは万が一のための保険代わりに保証サービスを提供しています。このように三者三様がよりよい生活や経営ができるよう努力をしてくれます。

  • 株式会社クレデンス

    誰もが幸せになれるようにサービスを提供してくれる会社

    入居者、オーナー、管理会社の誰もが安心安全な賃貸生活を送ることができるようにサービスを提供してくれています。スケット、スケットプラス、スケットプラスアルファの3つの賃貸保証サービスからなります。滞納報告が不要なプランや月次保証料方式プランなど幅広くサービスを提供しているため選択する自由があることが最大の特徴です。会社の要望があれば、それを聞き入れて商品プランをカスタマイズができることも特徴です。

  • ラクーンフィナンシャル

    多種多様なノウハウで室の高いサービスを提供

    株式上場をしている企業で信頼度が高い特徴を持っています。家賃保証サービスはALEMOが提供しているものとなります。というのも、2018年末に完全子会社化し家賃保証サービスは任せている状態です。他にもEC事業、決済事業も行っていること、そして前進が金融系商品を扱っている会社ということでお金に対してのサービスにめっぽう強い特徴があります。多種多様の事業を展開していることもあり、そのノウハウを活かしたサービスとなっています。

  • R・RYOWA

    管理会社・オーナー視点でサービス提供をしている

                               

    YELL保証と呼ばれる家賃保証サービスを提供しています。家賃保証は最大24ヶ月で、滞納時は全額保証してくれます。管理会社やオーナーが安心して経営ができるような保証サービスを提供。また、家賃以外にも光熱費保証や早期解約違約金保証があります。管理会社側に向けて力を入れている保証サービスです。

  • 日本レンタル保証

    東京建物不動産販売の100%子会社

    首都圏や関西エリアを中心に、不動産業を展開している、東京建物不動産販売のグループ会社です。賃貸経営のノウハウがある会社ならではの強みやスキルを生かし、オーナー目線にたったサービスを展開しています。オーナーはもちろん、入居者の目線も大切にしているため、利用しやすいシステムに期待できるでしょう。

  • Rent Quick

    保証人はクレディセゾン

    Rent Quickは、クレディセゾンが運営する家賃保証家者です。母体が大手クレジットカード会社なので、オーナーや不動産会社はもちろん、入居者も利用しやすいでしょう。全国各地に拠点を構えているため、地方地域エリアでもサービスをカバー。場所に限定されず利用できる家賃保証会社です。

  • アプラス家賃サービス

    新生銀行が母体の家賃サービス会社

    新生銀行グループが運営している、家賃保証会社です。銀行ならではの視点を入れたサービスにもこだわり、入居者とオーナーが気持ちよく利用できる環境を提供。導入から運用に至るまで、細かく手厚いサポートを展開しています。Tポイントが溜まる、家賃サービスの提案、プラスアルファの施策など、双方のメリットも考慮している家賃保証会社です。

  • 宅建ブレインズ

    東京都宅建協会グループが運営

    宅建ブレインズは、東京都宅建協会が運営している家賃保証会社です。家賃サポートはもちろん、家財保険や生命保険など、暮らしのサポートまで幅広く展開。家賃引き落としを口座ではなく、クレジットカード決済ができるなど、時代と利用者のニーズを踏まえたサービスを提案しています。

  • JACCSセキュアレントシステム

    ジャックスグループ運営のサービス

    クレジットカード会社でおなじみの、JACCSグループが運営している家賃保証会社です。最大24ヶ月長期保証や物件明け渡し費用の保証など、家賃保証サポートも充実。口座振替結果を問わず家賃額を保証してくれるため、安定的な収入も期待できるでしょう。入居者もオーナーの利便性も高い家賃保証会社です。

  • CIZ宅建保証

    独自開発ソフトによるデータ分析に強みあり

    CIZ宅建保証は、アークシステムテクノロジーが運営している、家賃保証会社です。与信システムを構築し、データをもとに開発。不動産管理会社と情報共有できるサービスを構築しています。独自の情報やネットワークを生かし、入居者の質もクリアにしながら、空室率を下げる取り組みもできる家賃保証会社です。

  • 日本総合保証

    「律儀な保証人」がキーワード

    家賃保証プラン「CUBE」を主軸に、オーナーや入居者のサポートをしている家賃保証会社です。ただ家賃を保証するだけでなく、スピード感もこだわったやりとりを展開。家賃保証サポートにおける課題店もクリアにし、入居者とオーナーの利便性を大切にしています。「キューブは律儀な保証人」をコンセプトにしている家賃保証会社です。

  • 株式会社エントランス

    近畿エリアをメインにしたサービス展開

    エントランスは、大阪府・兵庫県を中心にサービスを展開している家賃保証会社です。地域密着型で、地域に根ざした家賃保証サポートを展開。利用者ニーズや土地柄を生かしながら、ベストプランを提案してくれます。

  • レジデンシャルパートナーズ

    東急住宅リースグループならではの強み

    レジデンシャルパートナーズは、東急住宅グループが運営している家賃保証会社です。不動産業に強みをもち、これまで培ってきたノウハウ・スキル・経験を生かした家賃保証サポートを実施。総合力を武器として、暮らしのサポートしてくれる家賃保証会社です。

都道府県別
おすすめの
家賃保証会社

家賃保証会社は全国各地にたくさんありますが、中には都道府県や地域に特化してサービスを展開している会社もあります。都道府県別で、家賃保証会社をピックアップ。サービスや特徴もわかりやすく解説しているため、参考にしてみてください。

家賃保証会社のトラブルまとめ

アパートや不動産経営において、入居者とオーナーのトラブルを対策を想定したサービスを展開している保証会社はたくさんあります。しかし入居者だけでなく、家賃保証会社間でトラブルも多々報告されているようです。よくあるケースを事前に知っておきましょう。

リプラス倒産から見る保証会社のリスク

リプラスというのは平成20年に破産した家賃保証会社です。当時は家賃保証業界でも知名度があり、企業規模のけして小さくない会社だったため、業界内では大きな衝撃となった事件。当時の契約に関わっていた45万件もの賃貸物件契約で保証人がいなくなり、オーナー・管理会社に大きな影響を与えました。また、入居者の家賃引き落としがリプラス倒産後も継続され、貸主に送金されないなど多くのトラブルが発生し、ひとつの転換点となったものです。保証会社の倒産リスクに備え、現在では信託銀行を経由したシステムを導入している保証会社もあります。

家賃保証会社に関する法律について

家賃保証会社は、入居者からの家賃保証サポートをするサービスを提供している会社です。これまでは、家賃保証会社を規制する法律が制定されていないため、会社によっては入居者に過度な請求を迫るケースもありました。2020年4月に約120年ぶりに民法改正を実施。これによりある程度整備はされ始めているものの、まだ課題が残る現状があります。家賃保証会社との契約時には、内容を細かく確認し、自分に不利はないか?契約書を細かくチェックしましょう。

滞納トラブルの事例

  • 入居者の家賃滞納が発生。管理会社に期日を伝え滞納分を支払う旨を伝えたが、その後も払わず家賃を滞納。督促をするものの、家賃を払わなかったため、補助錠を玄関に設置。入居者が入れない状態にした。

たとえ家賃を支払わなくても、オーナーが裁判をせず家賃保証会社の権限で追い出すのは違法行為です。このケースの場合、入居者は裁判を起こしています。家賃を支払う義務はありますが、過度な請求をしない会社か?も見極めるポイントとも言えそうです。

オーナーと家賃保証会社との間のトラブルと対策

家賃保証会社とオーナーのトラブル対策のためにも、必ず契約書をチェックしましょう。細かい項目まで、ぬかりなく確認します。オーナーと家賃保証会社の場合、金額面や保証対象かどうか?でトラブルが発生しやすいので要注意!たくさんのトラブルが想定されますが、よくあるのが家賃保証会社の説明不足と、オーナーの理解不足がよく原因としてあげられます。わからないことはうやむやにせず、クリアになるように最後まで説明を求めましょう。

注意するべき契約内容に関連する事項を解説

家賃保証会社との契約で、特に注意したいのは、以下の5点です。

  • 家賃保証が受けられる上限金額の設定の有無
  • トラブル発生時、原状回復後の家賃保証期間の長さ
  • 家賃保証以外でサポートしてもらえる項目
  • 免責期間の取り決めを明確化
  • 滞納家賃の請求期間は限定されているのか

家賃保証をずっと受けられるのではなく、ある程度期間が設けられていて、それ以降は免責になるパターンもあります。限度額がどのくらいなのか?何ヶ月間と制定されているのか?など細かくチェックしておきましょう。

よくある質問
家賃保証会社の
知っておくべき
基礎知識

家賃保証会社への疑問点とは

家賃保証会社のサービスは、基本的に入居者から保証料を受け取って、物件オーナーや物件管理会社に対して滞納家賃を保証するというもの。貸主・借主が抱えるよくある疑問や質問をまとめてみました。家賃保証会社選定にも影響するポイントなので要チェックです。