不動産会社・オーナーさんの強い味方 家賃保証会社を徹底調査 » 【よくある質問】家賃保証会社の知っておくべき基礎知識

【よくある質問】家賃保証会社の知っておくべき基礎知識

このカテゴリーでは、物件オーナーが入居者目線も含めて知っておきたい家賃保証会社に関する疑問や質問とその答えをまとめてみました。

よくある家賃保証会社に対する疑問や質問

家賃保証会社は主に物件オーナーや物件管理会社にとって家賃滞納リスクをカバーするためのサービスですが、保証人を立てるのが難しい入居者にとっては入居促進になるというメリットもあります。そうした点も踏まえて、入居者が家賃保証会社や家賃保証サービスに対して考える疑問や質問を、貸主側としてもきちんと把握しておく必要があります。詳細ページでは以下の8つのテーマで、それらを解説しています。

家賃保証会社は必須?

かつては賃貸物件を契約する際、連帯保証人を立てるのが入居者の必須要件でした。それが、日本の高齢化などの影響もあって、連帯保証人を見つけるのに苦労する人が増えているという現実があります。そのニーズに応えるために生まれたのが家賃保証というサービスであり、家賃保証会社なのです。入居者が自分で連帯保証人を用意できれば家賃保証会社を利用せずとも入居できる物件もありますが、今後はより多くの物件で家賃保証会社が必須条件となる可能性が高いといえます。

>>家賃保証会社の利用は必須?必要性とその理由を詳しく見る

契約料金の相場は?

詳細ページでは主立った家賃保証会社のプランを調べて、初回契約時保証委託料更新時保証委託料を一覧表にまとめてみました。契約時の保証料は全般的に賃料の○%の設定が多く、最低金額が決められていたり、割引制度が利用できるプランなどがあります。更新時の保証料は賃料の○%設定もありますが、年単位での固定型などもあり、各社各プランでけっこう幅があることがわかるでしょう。

>>家賃保証会社の初回・更新費用の相場を詳しく見る

自分で選べる?

家賃保証会社は基本的に貸主側である物件オーナーや物件管理会社が決めるので、入居者が自分で好きな家賃保証会社を選べるケースは多くないでしょう。

一方、物件仲介をする不動産会社が複数の家賃保証会社の代理店を兼ねている場合、それらの中から選ぶということはできる場合もあります。

>>自分でも選べる?家賃保証会社の探し方や仲介・管理会社との関係性を詳しく見る

滞納するとどうなる?

家賃滞納が発生した場合、貸主側は家賃保証会社に報告などをすれば滞納した分の家賃が振り込まれ、入居者に対しては家賃保証会社から連絡がいくことになります。担当者からの電話連絡、未払い通知支払い請求といった書類の送付などがなされますが、ポイントは滞納分をいつ支払えるか、具体的にすることです。

>>滞納時の家賃保証会社による連絡や請求について詳しく見る

請求・取り立て・集金は?

家賃保証会社に対する法規制はないものの、業界団体の自主ルールなど参考となる指針はあります。そうした団体の紹介や、問題となる可能性が高い取り立て行為などをまとめてみました。

>>家賃保証会社による取り立て行為や請求・集金について詳しく見る

連帯保証人は必要?

家賃保証会社を利用する場合でも、連帯保証人が必要となるケースと不要なケースがあります。これは、家賃保証会社が連帯保証人を要求するパターンと、貸主が家賃保証とは別に連帯保証人を要求するパターンがあり、どのような意味があるのかを詳細ページでご覧ください。

>>家賃保証会社と連帯保証人の必要性と違いについて詳しく見る

強制退去は違法?

過去の判例などから、3ヶ月以上家賃滞納をすると、退去勧告されて場合によっては訴訟になることもあり、最終的には物件を明け渡すことになります。契約解除となるポイントや家財処分の可否など、トラブル要因になりそうなポイントを整理しています。

>>滞納時の家賃保証会社による強制退去や契約解除について詳しく見る

審査が通らない理由は?

クレジットカード会社がそうであるように、家賃保証会社も入居者審査ではそれぞれ独自のノウハウや業界団体のデータベースを利用するなどして、家賃保証をして問題ないかを審査します。詳細ページでは代表的な審査方法などを紹介しています。

>>賃貸契約時に家賃保証会社の入居者審査に通らない理由を詳しく見る