不動産会社・オーナーさんの強い味方 家賃保証会社を徹底調査 » 【よくある質問】家賃保証会社の知っておくべき基礎知識

【よくある質問】家賃保証会社の知っておくべき基礎知識

このカテゴリーでは、物件オーナーが入居者目線も含めて知っておきたい家賃保証会社に関する疑問や質問とその答えをまとめてみました。

よくある家賃保証会社に対する疑問や質問

家賃保証会社は主に物件オーナーや物件管理会社にとって家賃滞納リスクをカバーするためのサービスですが、保証人を立てるのが難しい入居者にとっては入居促進になるというメリットもあります。そうした点も踏まえて、入居者が家賃保証会社や家賃保証サービスに対して考える疑問や質問を、貸主側としてもきちんと把握しておく必要があります。詳細ページでは以下の8つのテーマで、それらを解説しています。

家賃保証会社は必須?

かつては賃貸物件を契約する際、連帯保証人を立てるのが入居者の必須要件でした。それが、日本の高齢化などの影響もあって、連帯保証人を見つけるのに苦労する人が増えているという現実があります。そのニーズに応えるために生まれたのが家賃保証というサービスであり、家賃保証会社なのです。入居者が自分で連帯保証人を用意できれば家賃保証会社を利用せずとも入居できる物件もありますが、今後はより多くの物件で家賃保証会社が必須条件となる可能性が高いといえます。

>>家賃保証会社の利用は必須?必要性とその理由を詳しく見る

契約料金の相場は?

詳細ページでは主立った家賃保証会社のプランを調べて、初回契約時保証委託料更新時保証委託料を一覧表にまとめてみました。契約時の保証料は全般的に賃料の○%の設定が多く、最低金額が決められていたり、割引制度が利用できるプランなどがあります。更新時の保証料は賃料の○%設定もありますが、年単位での固定型などもあり、各社各プランでけっこう幅があることがわかるでしょう。

>>家賃保証会社の初回・更新費用の相場を詳しく見る

自分で選べる?

家賃保証会社は基本的に貸主側である物件オーナーや物件管理会社が決めるので、入居者が自分で好きな家賃保証会社を選べるケースは多くないでしょう。

一方、物件仲介をする不動産会社が複数の家賃保証会社の代理店を兼ねている場合、それらの中から選ぶということはできる場合もあります。

>>自分でも選べる?家賃保証会社の探し方や仲介・管理会社との関係性を詳しく見る

滞納するとどうなる?

家賃滞納が発生した場合、貸主側は家賃保証会社に報告などをすれば滞納した分の家賃が振り込まれ、入居者に対しては家賃保証会社から連絡がいくことになります。担当者からの電話連絡、未払い通知支払い請求といった書類の送付などがなされますが、ポイントは滞納分をいつ支払えるか、具体的にすることです。

>>滞納時の家賃保証会社による連絡や請求について詳しく見る

請求・取り立て・集金は?

家賃保証会社に対する法規制はないものの、業界団体の自主ルールなど参考となる指針はあります。そうした団体の紹介や、問題となる可能性が高い取り立て行為などをまとめてみました。

>>家賃保証会社による取り立て行為や請求・集金について詳しく見る

連帯保証人は必要?

家賃保証会社を利用する場合でも、連帯保証人が必要となるケースと不要なケースがあります。これは、家賃保証会社が連帯保証人を要求するパターンと、貸主が家賃保証とは別に連帯保証人を要求するパターンがあり、どのような意味があるのかを詳細ページでご覧ください。

>>家賃保証会社と連帯保証人の必要性と違いについて詳しく見る

強制退去は違法?

過去の判例などから、3ヶ月以上家賃滞納をすると、退去勧告されて場合によっては訴訟になることもあり、最終的には物件を明け渡すことになります。契約解除となるポイントや家財処分の可否など、トラブル要因になりそうなポイントを整理しています。

>>滞納時の家賃保証会社による強制退去や契約解除について詳しく見る

審査が通らない理由は?

クレジットカード会社がそうであるように、家賃保証会社も入居者審査ではそれぞれ独自のノウハウや業界団体のデータベースを利用するなどして、家賃保証をして問題ないかを審査します。詳細ページでは代表的な審査方法などを紹介しています。

>>賃貸契約時に家賃保証会社の入居者審査に通らない理由を詳しく見る

住宅確保給付金について解説

家賃の滞納で収入が減り、退去を求める法的トラブル等でもめるくらいなら、入居者に「住宅確保給付金」を紹介して家賃収入を確保することを目指しましょう。

不動産のオーナーにとって、家賃の滞納は損でしかありません。家賃の滞納トラブルを解決するためには、「入居者にお金がない」という根本的な原因への対処が必要です。一時的な失職や病気等で家賃を払えない人を手助けしてくれる、住宅確保給付金について説明します。

>>住宅確保給付金についての解説を詳しく見る

保証人と連帯保証人の違いについて解説

賃貸契約を締結する際、家賃保証会社を利用しないのであれば連帯保証契約を結ぶ必要があります。そのタイミングで耳にする保証人と連帯保証人。保証人と連帯保証人の制度の違いについて解説していきます。

>>保証人と連帯保証人の違いについての解説を詳しく見る

家賃保証料の勘定科目について解説

賃貸契約時に家賃保証会社を利用する場合、その手数料は会計上どのような取り扱いになるのか解説しています。また、家賃保証料の取り扱いは、その額が20万円未満か、20万円以上かによって取扱いが異なってきます。そうした取り扱いの違いや、どのような勘定科目で仕訳するかなどについてお伝えします。

>>家賃保証料の勘定科目についての解説を詳しく見る

満室保証とは?

満室保証とは、一定期間空室に人が入らなかった場合に満室分の家賃を不動産から受け取れるというもの。満室保証を受けながら入居者を募集できる一方で、物件価格に上乗せされていることがあるので注意が必要です。

>>満室保証についての解説を詳しく見る

高齢者向け賃貸保証とは?

高齢者が賃貸物件に入居する際、家賃滞納リスクや孤独死リスクなどを懸念されて入居を断られるケースがあります。断れにくくするための備えとして、家族に近くに住んでもらうなどすると大家さんからOKを貰えやすくなります。そうでなくとも、高齢者向けに用意された賃貸保証制度を利用すると便利です。

>>高齢者向け賃貸保証についての解説を詳しく見る

両親に連帯保証人を頼む

賃貸物件に入居する際、連帯保証人をつける場合にはご両親など親族を立てるのが一般的です。親族とはいえ、連帯保証人は重い契約なので、その点を意識してお願いしましょう。また、連帯保証人をお願いするにはいくつかの必要書類が求められることがありますが、取得に時間がかかるため、早めに準備を進めてもらうようにしてください。

>>両親への連帯保証のお願いについての解説を詳しく見る

兄弟に連帯保証人を頼める?

賃貸物件に入居する際、両親に連帯保証人を頼めない方や断れた方は、兄弟に連帯保証人を頼むこともあるでしょう。ただし、連帯保証人は重い契約なので、兄弟の場合、両親に頼むのと比べて、相手の家族や自分の家族に反応にも気を付ける必要があります。

>>兄弟への連帯保証のお願いについての解説を見る

友人・知人に連帯保証人を頼める?

賃貸物件に入居する際の連帯保証人については、ご両親や兄弟など親族に頼むのが一般的です。しかし、事情によって友人や知人に頼みたい方もいるでしょう。ここでは、友人や知人に依頼できるのかや、依頼した時に起こり得る問題点を紹介しています。

>>友人・知人への連帯保証人の依頼についての解説を見る

保証人不要物件に隠されたデメリットとは?

賃貸物件を借りるには、保証人を立てなければいけません。物件によっては保証人不要という謳い文句を掲げている物件もあるでしょう。しかし保証人不要の物件には、デメリットがないのでしょうか?保証人になれる基準を解説しているので、自分の身の回りに保証人になれる人がいないか確認するときの助けになるでしょう。この記事では、賃貸物件に保証人が必要とされる理由や、保証人不要の物件で考えられるデメリットとはどのようなものか解説していきます。

>>保証人不要物件に隠されたデメリットを詳しく見る

保証会社不要の賃貸物件の見つけ方はある?

賃貸物件では保証会社に加が義務付けられているものが多いです。以前では連帯保証人を立てることが求められていましたが、近年は保証会社の利用が必須と言っても過言ではありません。その中で賃貸であっても保証会社不要の物件もあります。保証会社とはどのようなものなのか、また保証会社不要の条件についても解説しましょう。保証会社不要の賃貸を探したいなら、どのような物件があるのか分かりやすくご紹介します。

>>保証会社不要の賃貸物件についてを詳しく見る

賃貸アパートの家賃保証について

アパートなどの賃貸を借りるときには、保証人を立てなければいけません。もちろん保証人は誰でもなれるわけではないので、保証人がいないということもあります。その場合に家賃保証会社を利用することになります。アパートなどの賃貸を借りる際に利用する家賃保証とはどのようなサービスでしょうか?家賃保証会社の役割や業務内容をご紹介します。

>>賃貸アパートの家賃保証についてを詳しく見る

保証人代行と保証会社の違いはあるの?

賃貸物件で、連帯保証人を立てることができなかった場合には、保証人代行や保証会社を利用可能です。どちらも連帯保証人の代わりになるサービスではありますが、違いがあります。この記事では、保証人代行と保証会社の役割の違いや、どちらのサービスを利用すべきなのか解説。また保証人代行や保証会社を利用する流れも載せているので、ぜひチェックしてみてください。

>>保証人代行と保証会社の違いについて詳しく見る

保証会社と連帯保証人の両方が必要なケースがある?

賃貸物件において必要な連帯保証人や保証会社への加入。一般的にはどちらかを用意するか、加入するかが求められますが、場合によっては保証会社と連帯保証人の両方が必要になることもあります。保証会社や連帯保証人の違いから、両方が求められるのはどのような場合なのか分かりやすく解説します。役割の違いを理解すると、保証会社と連帯保証人の両方が必要となる理由を理解できるでしょう。

>>保証会社と連帯保証人について詳しく見る

賃貸保証人や家賃保証会社は変更可能?

一般的には賃貸保証人や家賃保証会社は契約時に決めたなら、変更することはありません。しかし場合によっては、契約途中で賃貸保証人や家賃保証会社の変更が必要になることもあります。どのような場合には、賃貸保証人や家賃保証会社を変えなければいけないのでしょうか?考えられる状況や、変更方法を見ていきましょう。

>>賃貸保証人や家賃保証会社は変更可能なのかを詳しく見る

家賃の滞納率ってどのくらい?

不動産のオーナーにとって大きなリスクになるのは、家賃滞納です。実際の統計を見ていくと、どれほどの滞納率があるのかを知ることができます。この記事では、最新の統計データを基にして、入居後の滞納率の推移がどうなっているのかを考察します。滞納率の変化を見ていくと、どのような傾向があるのか理解できるでしょう。これから賃貸経営を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

>>家賃の滞納率についてを詳しく見る

家賃保証会社の信販系・独立系の違いとは?

家賃保証会社は同じサービスを提供しているとはいえ、信販系と独立系に分けることができます。しかしそもそも信販系と独立系ではどのような違いがあるのでしょうか?この記事では、家賃保証会社が信販系と独立系でどのような違いがあるのか、業務形態の違いから見る特徴をご紹介します。主に入居者側目線での違いになるのですが、オーナーの方も入居者に対してどのような影響を与えるのかの参考にしてみてください。

>>家賃保証会社の信販系・独立系の違いを詳しく見る

家賃保証には付帯サービスがある?

家賃保証会社はどこであっても滞納家賃を保証することが主な業務になっています。しかしニーズが拡大している中で、競争が激しくなっており、独自の付帯サービスを展開している会社もあります。家賃保証会社が行っている付帯サービスとはどのようなものでしょうか?付帯サービスや家賃保証会社を選ぶときのポイントをご紹介しています。

>>家賃保証の付帯サービスを詳しく見る