家賃保証会社が提供している付帯サービスとは?

家賃保証会社の業務は、連帯保証人の役割をし、家賃滞納の際の損失を補償することです。しかしニーズが高くなり、競争が激しくなるにつれて、付帯サービスを充実させようという流れもあります。今回は、家賃保証会社の仕組みから、どのような付帯サービスを提供しているのかご紹介します。

家賃保証の付帯サービス

より安心して家賃保証会社を利用するための、いくつかのサービスをご紹介します。

信託口座サービス

入居者が入金している家賃は、1度家賃保証会社によって集められます。その後、オーナーに送金されるのですが、もし家賃保証会社が倒産してしまうとオーナーにとっては大きな打撃となります。すべての不動産物件で、預けられている家賃が回収できない可能性があるからです。さらに入居者としても、入金したはずの家賃が回収できない事態になりかねません。

こうした状況を回避するために、信託口座を利用する方法があります。契約者としては、同じ家賃保証なのですが、振込先が信託サービスを提供する金融機関に管理してもらうのです。この信託口座に入金することは、家賃保証会社が倒産してしまったときに家賃が家賃保証会社の財産として処分されることを防ぐことができます。

あくまでも信託口座で管理されているので、透明性があり貸主にも信託行為を管理する権限があることが違います。また信託口座に入っているお金は、信託法によって守られているので、家賃保証会社が倒産の危機に陥ったとしても、経営資金に利用されることはありません。入居者としても、オーナーとしても安心して利用できるサービスなのです。

学生特化プラン

学生が賃貸アパートなどを契約する場合には、保護者が連帯保証人になるでしょう。しかし親が定年しているなどして、連帯保証人を確保するのが難しい場合には家賃保証会社を利用することになります。その際に、学割を提供している会社を選択できます。

初回の保証料や更新料に割引価格が適用されていることがあり、入学前で何かお金がかかる学生には嬉しいプランです。しかし注意したい点として、学割サービスには一定の条件があるということです。

家賃の上限があったり、さらには学生である証拠も用意しなければいけなかったりします。留学生の場合は申し込みできないとか、信販系の場合には申し込みできない場合もあります。いずれにしても、契約をする前にどのような契約なのか、条件や割引についてよく確認しておく必要があるでしょう。

家賃保証会社はサポートもある

以前であれば、ただ単に家賃を保証するだけの会社でしたが、スムーズに入居するためのサービスを提供している会社もあります。

窓口が設けられている場合も

入居者がスムーズに入居し、家賃の支払いができるようにサポートしてくれることもあります。もちろん各社によって対応が異なりますが、従来通り家賃を支払うことが難しくなると、アドバイスをしてくれる窓口がある保証会社もあります。

例えば、リストラなどで休職することを余儀なくされたり、夫が入院したなどで家賃の支払いの問題が生じることもあるでしょう。その場合に、公的支援が受けられる方法をアドバイスしてくれたり、安価な物件を紹介してくれたりと、適切なサポートをしてくれる保証会社もあります。

債務を支払えば、何もしてくれない会社というイメージがあるかもしれません。しかし豊富なサービスを提供している可能性もあるので、契約の際によく内容を確認しておくと、いざというときに活用できるかもしれません。

特典が用意されているケースも

家賃保証会社の業務は、家賃の滞納時に保証してくれること。しかし利用者に向けて特典を用意している会社もあります。例として、契約の際にカタログギフトを用意していたり、安くブランド品が買えたりするなどのサービスを提供していたりするのです。

保証会社と契約するのであれば、こうしたお得な特典がある会社と契約したいものです。もちろん、内容によっては価格が安いサービスの方が良いと判断するかもしれません。もし保証会社を選べるのであれば、各社が提供しているサービスや契約条件などをよく確認して契約することがおすすめです。

そもそも家賃保証の仕組みとは?

まずは家賃保証会社の仕組みを理解しておきましょう。アパートなどの賃貸を借りる場合には、連帯保証人を立てなければなりません。しかし住む環境が変わっているので、連帯保証人を立てるのが難しくなっています。

例えば、連帯保証人が遠方に住んでいたり、海外に住んでいたりして実際に連帯保証人を依頼したくても依頼できる人がいないという問題に直面します。そのようなときに家賃保証会社を利用することで、問題を解決することができるのです。

入居者は条件を満たしたり、保証料を支払ったりすることで連帯保証人を探さずに借りることができます。また大家さんとしては、連帯保証人よりも確実に滞納家賃を回収できる可能性が高まるので、安心して不動産を貸し出せるのです。

一般的には、家賃保証会社は不動産会社と契約しているので、入居者が家賃保証会社を選ぶことは不可能になっています。その不動産会社を介して賃貸する物件は、基本的に同じ会社を利用することになるのです。しかし不動産会社によっては、選択肢があるケースもあります。

契約に関しては、賃貸契約を結ぶときに保証以来をお願いする形になります。管理会社を通して申し込みをするので、手続きのわずらわしさはそれほど感じないでしょう。審査結果も信用情報や無職などでなければ、問題なく通ることでしょう。しかし信販系か独立系なのかによって、少し審査基準が違うことは覚えておくことをおすすめします。

家賃保証には2つのプランがある

家賃保証には、2つのプランがあることもご紹介します。どちらも同じく家賃を保証することは変わらないのですが、どのように家賃を回収するのかに違いがあります。項目別にご紹介しましょう。

立替払い型

家賃保証会社は、入居者から家賃を回収し、大家さんや管理会社に振込します。その中で、立替払いタイプであれば、家賃保証会社と家主が口座振替の契約を結んでいます。つまり、保証会社が入居者から家賃を預かっており、その後家主の口座に振り込みを行うというケースです。

遅延が無くても、毎月家賃保証会社が家賃を集めているので、万が一入居者から滞納があったとしても、遅れなく家主に送金が行われます。このプランの場合では、滞納に関係なく家主には入金されることです。

代位弁済型

代位弁済型の場合は、入居者が家主に振込を行うので、家主から滞納があったという連絡を受けて初めて代わりに請求が行われます。もちろん入居者に請求をしてから、上限日に達すると家賃保証会社から代位弁済として支払いが行われます。

原則として先に入居者の支払いを待ってから、家主に支払いが行われるので、入金までのタイムラグがあるのです。遅延がない立替払いタイプとは入金までの方法が異なるのです。

まとめ

家賃保証会社は、滞納があったときに家賃を保証するためのものです。しかし信託口座に入金できたり、学生向けのプランを用意していたりと、付帯サービスを提供している会社もあります。もし家賃保証会社を選択できるのであれば、どのようなサービスがあるのか吟味してから契約してみると良いでしょう。