保証人代行と保証会社の違いとは?

賃貸物件を契約するのに必要な連帯保証人。最近では、家賃保証会社を利用することもありますが、保証人代行を利用することもできます。しかしこの2つにはどのような違いがあるのでしょうか?役割の違いや保証人代行というサービスについて、詳しくご紹介します。

保証人代行と家賃保証会社の違い

賃貸物件を契約するのに、保証人代行や家賃保証会社の利用が必要になることもあります。どちらも、連帯保証人がいなかった場合に、必要です。最近では、家賃保証会社の利用が求められている場合もあるので、保証人がいてもサービスを利用しなければいけないことも多いでしょう。それぞれのサービスの違いを見ていきます。

保証人代行とは?

保証人代行というのは、契約時に必要な連帯保証人の役割をしてくれる会社のことです。もしくは、連帯保証人を紹介してくれます。もし連帯保証人がいない場合でも、契約を進められるように、管理会社や不動産会社が保証人代行サービスを提供することがあります。

賃貸契約では通常の保証人ではなく、より責任がある連帯保証人になるので、外部の保証人代行では認められないケースもあるので注意が必要です。普通であれば、家賃は期日通りに支払いますが、家賃が滞納されたときには連帯保証人に支払い義務が発生します。

保証人代行では、滞納などのトラブルがあったときのことを想定していないサービスもあります。実際に滞納があったときに、関係ない人のために家賃を支払いを拒否するなど、トラブルになることもあるので、注意が必要なサービスでもあります。

家賃保証会社とは?

家賃保証会社は、連帯保証人が見つからないケースや物件を契約する際に義務付けられています。賃貸物件を契約する本人が、保証委託料を支払うことで、オーナーに対して家賃を保証します。保証会社は、連帯保証人が必須になっている一部の物件以外では、ほとんどで利用できるので、連帯保証人が見つからない人でも賃貸の契約がしやすくなるでしょう。

審査基準ですが、安定した職業なのかを厳しくチェックします。収入や貯金の額などから、申込者を審査。また、審査基準が緩い場合には、初期費用が支払えたなら、保証できる場合もあります。もちろんオーナーの審査もありますが、空き室があると困るので基本的には借りたい人には保証するのが家賃保証会社です。

保証委託料は会社によって違いがあるものの、家賃の0.5~1か月分が相場になっています。また入居後には、1年か2年ごとに更新料が1万円ほどかかることがあります。

賃貸契約に必要な連帯保証人

賃貸契約では、連帯保証人が必要になります。通常の保証人と連帯保証人で違う点は、支払い責任の大きさです。保証人の場合は、滞納などで家賃の支払いを請求された場合も、契約者に請求を求める抗弁権があります。保証人の場合には、契約者が支払える状況にあると知っているなら、契約者は支払えるので先にそちらか催促することを求める権利があるのです。

しかし、賃貸契約に必要なのは、連帯保証人です。連帯保証人の場合には、抗弁権はなく請求されたなら、すぐに滞納家賃を支払う必要があります。債務を連帯保証するということは、契約者と同じ責任を負うことを意味するのです。

連帯保証人の場合には、検索の抗弁権はありません。請求されたならすぐに支払い義務が発生します。契約者がお金を持っていたとしても、滞納したならすぐに支払う責任があるのです。

このように、連帯保証人には重い責任があるので、気軽になれるものではないのです。それゆえに保証人代行や家賃保証会社を利用するケースが多くなっています。

保証人代行利用の流れ

保証人代行を利用する際の、申し込み手順は主に下記の3ステップです。

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約と支払い

各項目について解説していきます。

1.申し込み

入居申込書の他にも保証人代行の利用申込書に必要事項を記載して提出します。

2:審査

申込書の内容を審査していきます。本人にはもちろんですが、勤務先や緊急連絡先にも確認の連絡がいくこともあります。

3:契約と支払い

審査に通ったなら、保証代行契約を結ぶことになります。また保証料も支払います。一般的には、敷金や礼金と共に、不動産会社に支払いが行われることが多いでしょう。

保証料としては、初回に家賃の0.5から1か月分が相場。また保証人代行サービスによっては、毎月家賃を代理で収集することから、月額保証料が求められることも。契約時によく確認しておきましょう。

保証人代行のメリットとは?

保証人代行のメリットは、家賃保証会社のメリットとそれほど変わりません。一般的には、家賃保証会社が保証を引き受けますが、保証人代行サービスは保証を引き受先が不動産会社や管理会社が多い傾向にあります。そのため、入居率を上げたいという理由から、審査にも融通が利きやすいという点はメリットになるでしょう。保証会社を利用する場合よりも、審査に通りやすい可能性があります。

保証人代行のデメリット

保証人代行のデメリットとしては、保証人代行サービスを提供している会社が管理している物件に限られることです。どの物件でも保証人代行が使えるわけではありません。また、不動産会社が運営していない可能性もあります。これは個人の保証人を斡旋しているだけで、実際には運営していないというケースです。この場合には、想定していないトラブルに発生するケースもあります。

滞納が発生したときには、保証人となった人に違法な督促をするなどして、後にトラブルの原因になるケースに発展するのです。保証人代行を利用するときには、管理会社が運営しているサービスなのかを確認しておくことをおすすめします。

保証人代行のトラブル

保証人代行会社を利用した際の、トラブルの例をご紹介します。トラブルの原因を知っておくなら、自分が契約する際にリスクがないか確認できるでしょう。

保証人代行サービスを利用することは違法ではありません。しかし、全く知らない人に連帯保証人になってもらうということは、隠れたリスクがあります。依頼する連帯保証人すべてが、支払い義務についてしっかり理解している訳ではないからです。さらにサービスを提供している会社も、斡旋しているのみで実情が無い可能性もあります。

項目別にトラブル例を見ていきましょう。

保証人を紹介してもらえない

契約をしてから、連帯保証人を紹介してもらうはずが、紹介してもらえないケースです。一般的な保証人代行ではありえないですが、詐欺の事例もありえます。電話だけで契約する場合にも注意が必要ですが、事務所で契約する場合でも実際には紹介してもらえなかったケースもあると覚えておきましょう。

契約の前に書類も準備されており、電話連絡もできたりすると、どのように確認するのかも難しくなります。それでもサービスの提供方法などを見ていくと、本当に信頼できる会社やサービスなのかを判別できる可能性は高くなるでしょう。契約前のやりとりで不審な点がないかをチェックしながら、契約をすすめましょう。

連帯保証人が架空の存在

連帯保証人が架空の存在で、実在していないケースもあります。電話で連帯保証人の確認をしていたり、身分証も提出してもらっていたりするのですが、それでも連帯保証人がいないことがあるのです。

例えば、契約時にはオーナーの審査に通っていたとしても、実在しない連帯保証人と分かったなら、更新の際に契約延長が難しくなります。まずは他の連帯保証人が必要ですし、一度疑わしいことを起こすと、最悪の場合その物件から退去しなければいけなくなるでしょう。

家賃保証会社を利用していたり、管理会社と関係のない保証人代行サービスを利用していたりすると、悪質な入居者という履歴が残ってしまうこともあります。家賃保証会社でデータを共有していたりすると、今後別の物件を借りるときに家賃保証会社の審査に引っかかることも考えられるでしょう。

キャンセル料が高額

保証人代行サービスと契約しようとして申し込みをした後に、キャンセル料を請求されたトラブルもあります。キャンセル料は契約を締結してから、支払い義務がありますが、多くの人が請求されたキャンセル料をそのまま支払うこともあるようです。本当に支払う必要がある費用なのか確認した上で、支払うようにしましょう。

更新料などが高額

保証人代行会社を利用するのにも、更新料が必要になることもあります。さらに保証人を紹介するサービスに入会しているので、部屋を退去した後にも費用がかかるという場合もあるようです。結局利用していないのに支払いが発生し続けているので、費用としては高額になります。月額制の料金システムになっていないかをチェックしておきましょう。

条件によっては解約できない

契約をすることで、連帯保証人を紹介してもらえるのですが、条件として誰かの連帯保証人になることが含まれていることもあります。これは、誰かが滞納した場合に、支払い義務が発生するリスクを抱えることです。

一度連帯保証人になると、逃げることはできないので、保証相手が引っ越しするまでそのリスクを抱えることになります。支払い義務が発生し続け、解約できない場合にトラブルになるのです。

まとめ

一般的になっている家賃保証会社の他にも、保証人代行サービスを提供している会社があります。保証人代行サービスなら、連帯保証人が立てられないときでも、契約できるというメリットがある一方で、契約条件によってはトラブルにつながることもあります。契約する前にどのような条件なのか、解約は容易なのかよく確認することをおすすめします。