保証会社不要の賃貸物件は探せるの?

賃貸物件を探していると、保証会社への加入が義務付けられている物件が多いことに気が付きます。しかし、できるなら保証会社不要の賃貸を探したいと思う方もいるでしょう。今回は保証会社の役割や保証会社不要の賃貸を探す方法をご紹介します。

なぜ保証会社の加入が義務のケースが多いの?

近年では、保証会社への加入が義務になっている物件も多くあります。家族構成の変化や生活の方法が変化しているので、より確実に賃貸を担保してくれる保証会社への加入が求められるケースが増えているのです。

オーナーとしては、契約時に保証会社への加入を義務付けることで、一定のリスク軽減が見込めます。また借りる側としても、保証人を立てなくても賃貸物件を契約できるメリットがあります。双方にとって契約がスムーズに運べる点も加入義務物件の増加を後押ししているといえるでしょう。

保証会社不要の条件とは?

保証会社不要の物件を探しには、いつかの条件を知っておくと探しやすくなります。主に意識したいのは下記の3つです。

  • 保証人を立てられる場合
  • 公営団地(UR賃貸住宅)
  • クレジットカードで支払える物件を選ぶ

なぜこの3項目の条件を持つと、保証会社不要になりやすいのか、項目別に解説しています。

1.保証人を立てられる場合

そもそも保証会社は、滞納のリスクに備えるものです。連帯保証人を立てられるなら、保証会社への加入が必要ではない物件の可能性が上がります。連帯保証人を用意できるのであれば、連帯保証人が滞納した家賃を保証し、支払ってくれるためです。

この連帯保証人というのは、保証人よりも責任が重く、借主が家賃を滞納したときにすぐに代理で支払うことが求められる人です。借主と同程度の責任を持つのです。賃貸契約では、この連帯保証人を立てることが必要になります。もし身内や親族で連帯保証人になってくれる方がいれば、保証会社不要の物件も探せるでしょう。

ただし、中には保証会社と連帯保証人の両方が必要なケースもあるので、事前に加入が義務なのかを確認することを忘れずに。

2.公営団地(UR賃貸住宅)を利用する

UR賃貸住宅というのは、UR都市機構が管理している賃貸住宅のことです。保証人や家賃保証会社への加入が必要ないので、費用の負担を少なくすることができます。それだけでなく、礼金や仲介手数料もかかりません。

保証会社無しで賃貸できる物件の中には、立地が悪い・事故物件のように訳あり物件のため、保証会社なしのメリットを付け加えているケースもあります。その点、UR賃貸住宅の場合には、訳あり物件だから心配もないでしょう。

ただし、入居審査の際に、本人の収入や貯蓄額など複数の条件を満たしている必要はあります。条件を満しており、保証会社不要の物件を探している方は選択肢の1つに含めてみることができるでしょう。

3.クレジットカードで支払える物件を探す

クレジットカードの支払いは、クレジットカード会社が家賃を立て替えて支払っているので、最低でも1か月は家賃の支払いが確実になります。そのため、家賃の確保がしやすいため、クレジットカードで家賃を支払える物件を探すのもひとつの条件になるのです。

また、クレジットカードを利用することで、家賃の支払い能力があることを示せます。家賃をクレジットカードで支払える物件は、選択肢が限られる可能性もありますが、どうしても保証会社を利用したくないのであれば、最初からクレジットカードで家賃を支払える物件を選びましょう。

そもそも保証会社の役割とは

保証会社は、賃貸物件を契約するときに保証人の代わりになってくれる会社です。一般的に賃貸物件を借りるときには、保証人を立てる必要があり、保証人が契約者が滞納したときの保証をします。しかし近年家族構成の変化や、疎遠になってしまう親族が増えていることなどから、保証人ではなく保証会社を利用する傾向が強くなっています。

保証人との違い

保証会社も保証人と同じように、滞納などに備えるものです。しかし、保証人との大きな違いは、保証会社は審査に通れば、誰でも利用できるということ。保証人の場合には、基本的には家族や親族に依頼しますが、家族や親族に依頼できないと、近しい友人に依頼することになるでしょう。

しかし、近しい存在だからといって、保証人を依頼するのは難しいものです。お金が絡むと人間関係に影響する可能性もあるでしょう。そんなときでも、保証会社なら審査に通れば誰でも利用きるという気軽さがあります。

まとめ

家賃保証会社への加入を求めている物件は多いですが、一定の条件をもとに物件を探すことで加入不要の物件を見つけられます。余計な出費をできる限り抑えたいという方は、紹介した3つの条件をもとに探してみると良いでしょう。しかし、保証人を用意できるか怪しいという方は、スムーズな賃貸契約を結ぶためにも、加入を検討するのも一つの手だと言えます。