家賃保証に関する用語集

家賃保証という言葉をご存知でしょうか?家賃保証とは、賃貸借契約時に連帯保証人を付ける代わりに、家賃保証会社を保証人として立てるもので、入居者が保証料を負担するため、オーナーの負担がない保証のことです。

ここでは、家賃保証を理解する上で必要な用語を解説しています。家賃保証関連の話で用語の意味が分からなくて苦戦している方はぜひ参考にしてみてください。

家賃保証会社(やちんほしょうがいしゃ)

家賃保証会社とは、賃貸物件への入居の際、連帯保証人に代わって入居者の連帯保証人になるサービスを行う会社です。入居者が家賃を滞納した時は、入居者の代わりに家賃を立替払いしてくれます。

家賃保証会社は余計なコストを避けるために、「家賃を滞納しない人」を入居させる必要があり、そのため家賃保証会社を利用するためには審査を設置。審査に受かったとしても、入居者は家賃保証会社に対して保証料を支払う必要があります。

家賃保証会社の審査に通らない場合、入居者は(連帯保証人をつけられるとしても)賃貸物件に入居できないこともあります。家賃の支払い能力が乏しいと思われてしまうためです。

また、オーナー側にもややデメリットがあります。それは、入居者が保証料を負担するため、保証料が原因で入居を断念するということです。家賃保証会社の利用は利点のほうが大きいと言えますが、マイナス面が全くないというわけではありません。

保証人(ほしょうにん)

入居者が家賃を滞納した際に、代わりに家賃の支払いを求められる立場のことです。ですが、法的な強制力が強くないため、「再度、入居者に請求してほしい」と支払いを拒否することができます。

連帯保証人(れんたいほしょうにん)

保証人より厳しい契約で、法的な強制力も強くなり、家賃の支払いについて入居者と同等の責任を負います。賃貸物件の入居の際に、親族などを連帯保証人として立てるのが一般的です。

入居者に家賃を支払えない時に、連帯保証人が家賃を建て替える必要が出てきます。そのため、連帯保証人をお願いする側も、連帯保証人をお願いされた側も、連帯保証人となることがどれだけ責任の重いものなのかについては理解しておくとよいでしょう。

債務不履行(さいむふりこう)

入居者が家賃を滞納することを債務不履行と呼びます。言葉の意味としては、入居者がオーナーに対して負っている「家賃を払う」という債務を履行しなかった(不履行)ということです。

代位弁済(だいいべんさい)

入居者が何らかの理由で家賃を支払えなかった際に、家賃保証会社がオーナーに対して立替払いすることを代位弁済と呼びます。

求償権(きゅうしょうけん)

入居者による債務不履行が発生し、家賃保証会社が家賃を立て替えて支払った際に、生まれる権利のこと。求償権が発生すると家賃保証会社側が入居者に対して、滞納している家賃を回収できる権利をえられるものです。

滞納家賃回収業務(たいのうやちんかいしゅうぎょうむ)

滞納家賃回収業務とは、その名の通り滞納した家賃を回収する業務のことです。家賃を滞納すると、その催促や督促はオーナーか、オーナーが管理を依頼している不動産会社がしますが、家賃保証会社と契約している場合は、家賃保証会社により回収が行われます。

オーナーや不動産会社にとっては荷が重い催促や督促の仕事をする必要がなく、仕事の量が減ることで負担・ストレスが軽減。入居者からすると、通常のオーナーや不動産会社による催促や督促よりも、家賃保証会社による回収の方が取り立てのほうが厳しい傾向にあります。それは家賃保証会社にとっても、代位弁済により支払う出費が増えると、そのまま業績悪化に繋がるという理由があるからです。そのため、入居者に対して厳しい態度をもって回収業務を行ってくれます。

保証料(ほしょうりょう)

入居者は賃貸物件に入居する際、連帯保証人を立てるか、家賃保証会社を利用するかを選べます。その際、家賃保証会社を選んだ場合に、家賃保証会社に対して支払う費用のことです。

保証料の金額は、入居する物件や利用する家賃保証会社によって異なります。家賃の1カ月分や半月程度、家賃の3~7割程度だったり、1万円~3万円の定額だったりと様々です。なお、しっかり家賃の支払いを続けていれば、2年後の更新時に保証料を安くしてもらえることもあります。

家賃の支払いが滞ってしまうと代位弁済を受けたり、滞納したままの家賃があったりすると、2年後に更新できなくなるおそれも。

オーナーによっては、連帯保証人を立てたとしても家賃保証会社と契約する必要があり、家賃保証会社との契約を必須としている場合もあります。これは、家賃保証会社との契約には、入居時に審査が行われるため、この審査を通過した人だけを入居者とすることで、無用なトラブルを避けたいという目的があります。こうした物件では、過去に滞納したりして家賃保証会社の審査が通らないと入居できなくなってしまうため注意が必要です。