高齢者向け賃貸保証とは?高齢者の賃貸事情を解説

高齢者が賃貸住宅を利用するにはやや高いハードルがあります。本記事では、なぜ高齢者が賃貸住宅を利用にあたりハードルが高くなるのか?をお伝えするとともに、高齢者でも賃貸住宅に住みやすくなる賃貸保証のご紹介などしていきます。

高齢者と賃貸物件

世間一般的なイメージでは、高齢者の方の多くが賃貸ではなく自己所有の住宅に住んでいるイメージを持たれている方も少なくないでしょう。しかし、平成25年の土地統計調査の資料を見てみると、東京都内の65歳以上の方が住む世帯205万世帯のうち、およそ3割もの世帯が賃貸で暮らしていることが分かります。

また、3割のうちの半分程度は高齢者が単身で賃貸を借りていることも分かり、大きい割合となっていると言えるでしょう。

高齢者は賃貸を借りづらい

高齢者の賃貸の割合が多いとはいえ、実際のところ年齢を重ねると賃貸を借りづらくなる、という問題があります。これは、賃貸物件を貸す大家としては、貸した部屋で高齢者の方が孤独死されると次の入居者が見つかりづらくなるといったことから起こるものです。

そのため実際に、高齢者になると入居を断られるケースも増えていきます。特に、入居者集めに力を入れなくても、空室が埋まるような人気の物件では、高齢者の方に入居してもらうより若い方に入居してもらったほうがよい、と考えていることもあるでしょう。

逆に捉えると、入居者の集まりづらそうな物件であれば、入居できる物件は探しやすいということもできます。いずれにせよ、高齢者になると賃貸は借りづらくなるということは理解しておいたほうがよいでしょう。

高齢者が賃貸を利用するケース

高齢者が賃貸を利用するケースとしては、以下のようなことが考えられます。

  • 自宅を所有していない
  • 自宅を売却して賃貸に住もうとしている

自宅を所有していない

自宅を購入したり、実家を相続したりして自宅を所有していれば、賃貸物件に住む必要はありません。基本的に、高齢者になって賃貸物件に住む方は、自宅を購入や相続することなく賃貸に住み続けてきた方達です。

賃貸に住み慣れていることもあり、賃貸のよさもよく分かっているでしょう。こうした方達でも、住み替えのとき、高齢者であることを理由に入居を断られてしまう可能性があります。

自宅を売却して賃貸に住もうとしている

自宅を購入したり相続したりしたものの、子どもが独立して、住むには広すぎる家を売却して賃貸を求めるようなケースです。若いうちに自宅を購入していたとしても、全ての方が将来賃貸住宅に住む可能性があるといえます。

高齢者が賃貸を利用する際の注意点

断られる可能性があるとはいっても、賃貸に住む必要がでてくるもの。その際、高齢の方が賃貸物件を選ぶ際に注意したい点が以下の3つあるので条件を満たすものを選ぶようにしましょう。

  • 医療機関の近い賃貸物件を選ぼう
  • 階段や段差の少ない賃貸物件を選ぼう
  • 家族の協力を得よう

医療機関の近い賃貸物件を選ぼう

高齢者の方は医療機関の近い珍来物件を選びましょう。入居時点では頻繁に医療機関を利用するケースになくとも、入居中にそのような状態になってしまう可能性があります。また、高齢になればなるほど引越し作業も大変になっていくため、早い段階で医療機関に近い賃貸物件に住んでおくとよいでしょう。

階段や段差の少ない賃貸物件を選ぼう

階段や段差の少ない住宅に住むことも大切なことです。こちらも入居時点では問題なくとも、住んでいる内に不便に感じることがあります。年齢が原因で階段や段差で苦労を感じてきた場合、やはり次の賃貸物件を探しに苦戦する可能性もゼロではありません。早い段階から階段や段差の少ない住宅を選ぶことで、長く済み続けられるでしょう。

家族の協力を得よう

最後に、高齢者が賃貸物件への入居を断られる理由として、居住物件内での孤独死や家賃の滞納を嫌って、といったことが挙げられます。家族の協力を得て問題を解消できるのであれば、大家さんから理解を得られる可能性も高くなるでしょう。

具体的には、近所に家族が住んでいれば孤独死といったことは起こりづらく、また現役世代の家族を連帯保証人とすることができれば家賃の滞納リスクも抑えられます。

高齢者と賃貸保証

ここまでお伝えしたように、高齢者が賃貸物件に住むには通常よりやや高いハードルを越える必要があります。しかし、年齢に関係なく自由に賃貸物件を選びたいもの。ハードルを少しでも低くするために、賃貸物件への入居を断られにくくなる賃貸保証制度が用意されているので、利用を検討してみるとよいでしょう。

家賃債務保証

1つ目は、一般社団法人高齢者住宅財団が行っている家賃債務保証です。この保証制度では、高齢者が賃貸物件を借りる際に財団が連帯保証人になってくれます。大家からみても家賃の滞納リスクを抑えられるので、入居審査に通りやすくなります。

高齢者向け賃貸住宅

高齢者向け賃貸住宅は、UR賃貸住宅が行っている支援制度で、高齢者向け優良賃貸住宅や高齢者向け特別設備改善住宅、健康寿命サポート住宅、シルバー住宅などがあります。

いずれも高齢者にとって住みやすい環境や設備を整えた物件で、高齢者をターゲットにしているため、高齢者であることを理由に入居を断られるような心配はありません。