賃貸契約で友人を保証人にすることはできるの?

賃貸契約の際、保証人を頼むのは両親とイメージされている方は多いかと思います。しかし、両親に頼めない場合には友人や知人に頼むことは可能なのでしょうか。

友人に連帯保証人を頼むことはできる?

一般的に、連帯保証人は賃貸人が家賃を滞納した時に代わりに支払いを要求されるため、原則として両親や親族を求められるのが一般的です。とはいえ、人によっては両親や親族と不仲で頼めないこともあるでしょう。

この場合、対応は大家さんや管理会社によっても異なりますが、友人・知人のように家族以外の他人が連帯保証人にできます。

職場の上司を連帯保証人にするケースはあるようですが、友人が認められることはあまり多くありません。とはいえ、全く不可能というわけではないので、まずは交渉してみるとよいでしょう。

なお、連帯保証人になるためには、以下のような要件を満たしている必要があるため、その点を踏まえて大家さん・友人に頼んでみましょう。

安定的な収入がある

連帯保証人は、家賃を滞納したときの請求先ですので、まずは安定した収入が求められます。家族の場合、年金等でも十分安定的な収入として認められますが、友人の場合はより厳しく見られると考えておきましょう。

近場に住んでいる

いざ家賃が滞納したときにすぐに連絡を取れないのでは意味がないため、近場に住んでおり、今後も遠くに引っ越す見込みが少ないことが条件となります。これも、家族を連帯保証人とするより条件は厳しくなると考えておきましょう。

友人に連帯保証人を頼んだときに起こり得るトラブル

友人に連帯保証人を頼む際には、後々トラブルに発展する可能性があることも考慮しておく必要があるでしょう。

家賃を滞納したときは家賃を支払ってもらう必要がある

契約者が家賃を滞納したときは連帯保証人が代わりに家賃を支払う必要があります。そのため、友人関係を壊さないためにも、あたり前ですが、家賃は必ず払いましょう。

それができない場合、お金では買うことのできない、友人関係に亀裂が入ってしまいます。