オーナーがオフィスや店舗の契約で家賃保証会社を利用すべき理由

オフィスや店舗との契約をする前に、家賃保証会社の利用を考えてみませんか?ビルオーナーの方にとって、家賃保証会社を利用するメリットはたくさんあります。

その理由をご紹介しますので、家賃保証会社の利用を検討中のビルオーナー様はぜひチェックしてみてください。

ビルオーナーが家賃保証会社を利用すべき理由

家賃保証会社を利用するのは、一般の賃貸の場合が多いです。しかしビルオーナーも家賃保証会社を利用することをおすすめします。その理由を早速見ていきましょう。

家賃保証会社が借主の家賃滞納を保証

まずは家賃保証会社について簡単にご紹介いたします。

家賃保証会社は、オフィスや店舗が家賃を滞納した際に代わりに家賃をビルオーナーに支払ってくれる会社です。ビルオーナーの心配事のひとつである家賃の滞納に関する問題を一気に解決することができますね。家賃保証会社に保証料を支払うのは入居者です。

そのためビルオーナーには負担がなく、気軽にこれらのサポートを受けることができるのも特徴です。あらかじめ入居の際には家賃保証会社への加入を必須にしておくといいでしょう。

敷金・礼金を引き下げ、入居を促進することが可能

敷金・礼金は、家賃の滞納の心配があるためにビルオーナーが最初にある程度のお金を入居者からもらうシステムですよね。しかし家賃保証会社を利用すれば、オフィスや店舗が家賃を滞納してもビルオーナーが直接被害を被ることはありません。そのため、最初にもらう敷金や礼金を大幅に引き下げることが可能になります。

敷金、礼金の金額を下げることができれば、オフィスや店舗のスペースを借りたいけど初期費用を抑えたいとお考えの方からの目に留まりやすくなり、集客力のアップにつながります。

滞納時の催促や裁判などの業務を請け負ってくれる

本来であれば、オフィスや店舗が家賃を滞納すると、ビルオーナーが催促をしなければなりません。複数ビルを持っていたり、ビルオーナーの他にも様々な事業をしている方にとってはこの催促ほど面倒なものはありませんよね。

さらに滞納した状態が続くと、提訴して裁判を起こさなくてはなりません。立ち退きを要求する必要もあります。この裁判にかかる費用も自腹で捻出しなければなりませんし、ビルオーナーにとっては痛い出費ですよね。 しかし家賃保証会社を利用していれば、立て替えた家賃の請求を家賃保証会社がオフィスや店舗に直接行ってくれるので、ビルオーナーが催促する必要はなくなります。

万が一の裁判にかかる費用や手続きまでもすべて家賃保証会社が行ってくれるのもメリットのひとつです。

入居者にとっては保証料が高いと感じる場合も

ビルオーナーにとっては魅力的なポイントが多い家賃保証会社ですが、デメリットもあります。家賃保証会社を利用するには保証料を支払う必要がありますが、この保証料を負担するのは入居者です。ビルオーナーが負担することがないのでビルオーナーにとっては嬉しいですが、家賃の他に保証料がかかることを理由に入居を諦めてしまうオフィスや店舗が出る可能性もあります。

一般的な家賃保証会社の保証料は家賃の30%から100%と言われています。初回のみならず、家賃保証会社が定める更新時にも、

10%程度の更新料を支払う必要があることも。 敷金・礼金を安く抑えることができでも、この保証料がネックになってしまうこともありますので、敷金・礼金と保証料を比較して、どちらの方がオフィスやビルに入居してもらいやすいのかをよく考えておく必要があります。