賃貸の連帯保証人は親に頼む?保証人を頼む際の注意点

賃貸物件に住むのであれば、連帯保証人か家賃保証会社をつける必要があります。家賃保証会社を利用すれば、連帯保証人を付けずにすみますが、毎月保証料を支払わなければならないとめコストになると言えるでしょう。

その費用を避けるために両親に頼めるのであれば、連帯保証人になってもらえるよう頼んむことは一つの手です。

両親に連帯保証人を頼む際の注意点

両親とはいえ、連帯保証人とは本人に代わって本人の責任を負わなければならない、重い契約。「親なんだか当たり前」なのではなく、連帯保証人になってくれる両親に対して、誠意をもってお願いすることが大切です。

以下、両親に連帯保証人を頼む際の注意点についてお伝えしていきます。

事前に印鑑証明書を用意しておく

両親に連帯保証人になってもらう場合、連帯保証人に関する書類に署名・捺印するだけでなく、印鑑証明書等の各種書類を提出が必要ねケースがあります。印鑑証明書は印鑑を役所に登録している必要があるため、時には印鑑が登録されていないケースも少なくありません。

印鑑の登録から印鑑証明書発行まで時間のかかるため、書類として印鑑証明書が必要なことが分かったら、早い段階で用意してもらえるよう話をしておくとよいでしょう。

収入証明が必要になることもある

場合によっては収入証明が求められます。連帯保証人になるということは、入居者が家賃を滞納したときに、連帯保証人が代わりに支払うということであり、連帯保証人には一定の資力が必要条件です。その証明のため、ご両親の源泉徴収票などが求められるケースもあります。

こちらについても、すぐに発行できるものではないため、事前の準備が大切です。ただし、両親がすでに仕事を引退しており、年金生活者であるなど資力に不安があるときは入居を断られてしまうこともあります。

万が一断られた場合は、両親以外の知人や家賃保証会社への依頼を検討しましょう。