外国人入居者のトラブル事例と外国人向け家賃保証サービスを紹介

今後、国内の外国人労働者が増えることが予想される地域では、ビルオーナーは外国人の入居者も受け入れていくことが重要です。しかし外国人入居者とのトラブルは、日本人同士とのトラブルよりも大変そうなイメージがありますよね。今回は、そんな問題を解決してくれる家賃保証会社のサービスの特徴をご紹介いたします。

外国人入居者のトラブル事例1.家賃の納金が滞る

外国人入居者との間で起こるトラブルのひとつに家賃の滞納が挙げられます。外国人労働者は賃金が低いということもあり生活に苦しく、家賃の納金が遅れてしまうということはよくあります。また、細かいことを気にしない国柄の外国人入居者なら家賃の締切を忘れていたり、平気で遅れて納金するようなことも。国柄の場合はなかなか言っても聞き入れてもらえず、ビルオーナーは苦労することになります。

外国人入居者のトラブル事例2.言葉が通じない

外国人入居者とのトラブルが起きても、言葉の壁があり解決につながらないということはよくあります。家賃の納金を迫るくらいはできても、裁判を起こす旨を伝えたり、退去を差し迫るようなこととなると相手ともやりとりをしなければならず、面倒に感じて諦めてしまうビルオーナーも多いのです。しかし今後もスムーズに家賃を支払ってもらい安定して収入を得るためには、話し合うべきときにはきちんと外国人入居者と向き合う必要があるでしょう。

外国人入居者のトラブル事例3.連帯保証人を立てられない

外国人入居者の多くは単身で日本に渡ってきて仕事をしています。そのため身寄りもなく、部屋を借りたいと思っても連帯保証人を立てられないケースは多いのです。ビルオーナーも、大事な収入源となる入居者は増やしたいものの連帯保証人のいない外国人に部屋を貸すのは少し怖いですよね。万が一家賃を滞納され続けても、連帯保証人がいない場合はビルオーナーが泣き寝入りすることになってしまいます。

外国人入居者向け家賃保証会社を利用しよう!

これらの外国人入居者とのトラブルを避けるために役立つのが、外国人向けの家賃保証会社です。家賃保証会社は数多くありますが、中でも外国人入居者向けの保証サービスがある家賃保証会社を選ぶことをおすすめします。

家賃滞納の心配がなくなる

お金にルーズなことも多い外国人入居者ですが、ビルオーナーが家賃保証会社に連絡すれば、滞納された分の家賃を保証してくれます。その後のやりとりは家賃保証会社が行ってくれますので、面倒な催促を何度も行う必要もありません。

敷金・礼金を引き下げて入居者を募集することが可能

家賃保証会社を利用すると家賃滞納の問題が軽減されるため、初期費用として必要な敷金・礼金を引き下げることが可能になります。初期費用をあまり用意できない外国人にとってはメリットが大きく、入居しやすくなります。

連帯保証人を家賃保証会社にできる

外国人入居者を受け入れる際、家賃保証会社と契約をしてもらえれば、家賃保証会社を連帯保証人の代わりにすることも可能です。連帯保証人を用意できない外国人にも部屋を貸すことができるようになります。単身で日本に渡ってきた外国人に部屋を貸したい場合は、この家賃保証会社との契約を必須項目にしておくといいでしょう。

家賃の督促や裁判などの業務を軽減できる

家賃保証会社を利用すれば、家賃の督促を代わりに行ってくれます。しかしそれだけでなく、滞納が長引いた際の裁判や立ち退きの要求も家賃保証会社が行ってくれるのです。外国人向けのサービスがある家賃保証会社に任せておけば言葉の壁の問題もなく外国人入居者とやりとりをしてくれます。余計なトラブルが増えることもなく、スムーズに複雑で面倒な業務を進めてくれますよ。