SBIギャランティ

SBIギャランティ

ここでは、家賃保証会社であるSBIギャランティについて解説しています。

SBIギャランティの家賃保証サービスの3つの特徴

まずは、SBIギャランティが提供している家賃保証サービスにどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

大手金融グループの100%出資企業で家賃滞納のリスクが少ない

SBIギャランティは、

  • SBI証券
  • 住信SBIネット銀行
  • SBI証券損保

などを傘下に持つ、SBIグループのグループ企業です。SBIグループからの出資率は100%。家賃保証会社は、物件のオーナーや不動産会社が抱える家賃滞納リスクを抑えられるサービスですが、一方で会社そのものが倒産してしまうというリスクを抱えています。

その点、SBIグループの傘下にいるSBIギャランティは豊富な資金力をもつグループが背後にいるため、安心して契約できるのです。

年間契約の定額制だからコストの予測を立てやすい

SBIギャランティの「家賃等保証サービス」は、年間契約の定額制。家賃の増減によって支払い額が変わる場合もありますが、基本的にはずっと同じ金額で家賃保証を受けられます。毎月の支出が安定するため、サービスを利用したほうが得なのかどうかを見極めやすいです。

家賃滞納、原状回復をはじめとした保証内容と高い対応力

SBIギャランティでは、家賃の滞納はもちろん、入居者が退去する場合の原状回復にかかる費用も保証。さらに滞納による強制退去が行われた際、退去が終わるまで家賃収入を得られないことに対する赤字の補填等の保証も受けることができます。

また、金融グループの企業ということもあって、丁寧な審査と法令遵守に気を配っているのもポイントです。業務のクオリティも高いため、家賃の滞納に関する手続きやトラブル対応の多くを丸ごと任せられます。

SBIギャランティの保証プランや範囲

SBIギャランティが提供しているプランや具体的な保証の範囲についてまとめました。

保証プラン「SBI定率40」は最低20,000円かかる

SBIギャランティのプランは、「SBI定率40」です。このプランの特徴は、契約初年度の年間保証料が、月々の家賃等をあわせた金額の40%であること。なお、最低額は20,000円なので、少なくとも20,000円以上はかかることになります。

また、家賃等保証サービスを解約せずに次年度へ継続した場合、年間保証料は8,000円へと大幅ダウン。一定期間の継続でよりお得になるプランです。

保証の範囲は家賃滞納から法的手続きにかかる弁護士費用まで多岐

SBIギャランティの家賃等保証プランに申し込むと、

  • 月々の家賃(最大24ヶ月分)
  • 原状回復に必要な費用(最大で家賃の3ヶ月分)
  • 家賃の滞納後、強制退去が完了するまでの損害金
  • 法的手続きにかかる弁護士費用
  • 強制退去後、室内に残った荷物の搬出や処分にかかる費用

などを保証してもらえます。

SBIギャランティに関する口コミ評判

  • 「貸金業法や銀行法等によって、厳しく規制されている金融業界の企業と違い、家賃保証会社を規制する法律はありません。そのため、家賃保証会社の品質はピンからキリまでさまざまです。そんなときに役立つのが、入居者視点の口コミ評判。利用者の口コミを、契約を決める際の参考にしましょう。」
  • 「これまでに何度か引っ越していますが、利用した保証会社のなかで一番手続きがスムーズでした。とくに、退去時の原状回復費用がかかるのかどうか、かかるとしたらいくらかかるのか、国土交通省のガイドラインに従ってきちんとやってくれるので安心です。」
  • 「口座にお金を入れ忘れて、家賃を滞納したことがあります。督促がきたときはびっくりしましたが、丁寧な対応で恐怖感もありません。その後も問題は起きていないので、満足しています。」
  • 「大手のSBIグループだし、自分の周りでも違法な取り立てで怖い思いをしたという話は聞きません。きょうだいもおらず、両親も高齢で年金暮らしをしているので、連帯保証人がいなくても部屋を借りられる保証会社を利用できてとても助かりました。」

SBIギャランティの基本情報

SBIギャランティ

引用元:SBIギャランティ公式HP(https://www.sbigt.co.jp/)

  • 会社名SBIギャランティ株式会社
  • 所在地東京都千代田区平河町1-1-1 平河町コート9階
  • 設立2006年2月2日資本金 1億円
  • 加盟団体(公財)日本賃貸住宅管理協会 家賃債務保証事業者協議会
  • 連絡先03-5226-0565
  • 営業時間月~金 9:00~17:00