日本レンタル保証

このページでは、日本レンタル保証会社の特徴・保証内容・口コミ評判などを紹介しています。

日本レンタル保証の特徴

日本レンタル保証の主な特徴は次の通りです。

東京建物不動産販売のバックアップ

日本レンタル保証の最大の特徴は、東京建物不動産販売のグループ会社である点。東京建物不動産販売は、旧安田財閥の創始者・安田善次郎により設立された不動産会社です。現在では、首都圏や関西圏を中心に仲介事業・アセットソリューション事業・賃貸事業などを行っています。また、グループ会社には、賃貸マンションの清掃や管理業務などを行っている東京建物アメニティサポートもあります。日本レンタル保証を利用すれば、東京建物不動産販売グループのバックアップを受けられます。

魅力的な保証限度額

他の保証会社に比べ保証限度額が高い点も特徴といえます。一般的な家賃保証会社が設定している保証限度額は12~24カ月です。これに対し、日本レンタル保証が設定している保証限度額は48カ月です。一般的な家賃保証会社の倍以上の保証限度額を設定している点は見逃せません。

オリコカードが使える

入居者目線で見ると、オリコカードが使える点も特徴といえます。支払いを便利に行えるので、入居者を確保しやすいようです。入居者にとってもオーナーにとってもうれしい特徴といえるでしょう。

日本レンタル保証のプラン・保証の範囲

日本レンタル保証のプラン・補償の範囲は次の通りです。

保証プラン

日本レンタル保証は、ニーズにあわせて以下のプランを用意しています。

Jパートナー

初回保証委託料:賃料等毎月かかる費用の50%

更新・再契約時保証料:賃料等毎月かかる費用の20%

入居者とオーナーが賃貸借契約を結び、入居者と日本レンタル保証が保証委託契約を結び、オーナーと東京建物不動産販売が管理委託契約を結び、オーナーと日本レンタル保証が賃貸保証契約を結ぶ契約形態です。

家賃支払いは、入居者がオーナーに支払うケースと東京建物不動産が集金代行を行うケースに分かれます。入居者が支払い不能になった場合、日本レンタル保証が入居者退去時に一括で滞納分を払います。オーナーは、家賃の滞納を翌月15日までに報告する必要があります。支払い正常化交渉は、基本的にオーナーが行います。

Jパートナープラス6

初回保証委託料:賃料等毎月かかる費用の50%

更新・再契約時保証料:なし

Jパートナーと異なる点は、入居者がオリエントコーポレーションと支払委託契約を結ぶ点です。オリエントコーポレーションが集金代行を行いオーナーに家賃を支払います。入居者が支払い不能になった場合は、日本レンタル保証が6カ月間は家賃の支払いを保証します。加えて、不足分を入居者退去時に一括で支払います。立て替え払い金の送金日は毎月末日です。支払い正常化交渉は、日本レンタル保証の専門スタッフが行います。

保証の範囲

  • 滞納した家賃・共益費・更新料
  • 明渡までの家賃・共益費相当額
  • 訴訟費用及び弁護士費用など
  • 原状回復費用

保証期間は、賃貸借契約日から明渡完了日までです。滞納家賃は、明渡完了後1カ月程度で支払いがあります。

日本レンタ保証に関する口コミ評判

日本レンタル保証に関するネット上の口コミ評判を見つけることはできませんでした。

日本レンタル保証の基本情報

  • 所在地:東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル10階
  • お客様相談窓口:03-6837-7670
  • お客様相談窓口営業時間:月曜日~金曜日 9時00分~17時45分/土日祝・年末年始などの休日を除く